いつまでも。素敵な音は心の中に
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
なんか最近はkokia聴こうと思ってる
 書かないととことん書かない感じです。
でも
元気です。


ここ最近だらだら悩むことありましたけど
でも
なんか方向性が見えかけた気がします。




ここは音楽ブログなので
(書いてないけど)
なんかも一つまた書かずじまいのものを・・・
作ってしまった・・・
うん
反省はしない!けども

よこっちょにリンク貼ってオキマス。
そっちはなんか暗めテンションできっと書くと思う。



分けたら多分きっと
ここも書く気になるんだろうなぁ・・・


だらだら life comments(0) -
言葉を発しないと
 言葉を発しないと

いない

とみなされるのでしょうか。
とかなんとなく思ったり。



辞めるつもりなんてまったくないのですが、
思い入れが微妙に強いあまりに
書く気分になれないとなんとなく
遠のいてしまうのがこの場所です。
知らない間にjugemのブログの投稿ページが変わってるとか。。。
いかに書いてないかを思い知らされたり。


気まぐれ程度に
思いのある文章を
適度に適当に
ひっそりと書くペースが
気持ち的に一番いいのかも知れないな、なんて思う。


read more...
だらだら life comments(2) -
ありがとうを胸に。

本来なら、書かなかった日々をつらつらと書かなければいけない
ところですが、
個人的に大きなニュースに昨日気づいたので、こちらを。

[壁]ノ_・。)しょーーーっく。

予想もしたくなかった事態が訪れました。
でも
文章読んでなんだか。。。落ち着く。
そうか、そっかぁ。って気分なのです。


とっても、とても大好きなバンドさんです。
新しい音をたくさん聴きたかったです。
もっともっと違う側面も見たかったです。
でも
今まで、なんとなく音が違ってきてしまって残念だなぁと思った
アーティストはたくさんいました。
その度に切なくなったり。
がっかりしたり。
そう思ったら
素晴らしい音を、きらきらな音を
ぐっさりと刻み込まれる音を
包まれる音を
送り出してくれたトルネード竜巻には
言い切れないくらいの気持ちがあります。


今まで活動の休止を発表したアーティストで
あえて再開しなくても、と思うことがわりとありましたが。
例えば、L⇔Rのように
最後のアルバムにやりきったかのような感じを受けるときや
初期のほうが好きだなぁ・・・とか思ってしまうとき。
でも。トルネード竜巻だけは。
出来れば何年待ってもいいから、再開して欲しいな、なんて思ってしまいます。
トルネード竜巻には、トルネード竜巻にしか出来ない音と
うたが、あるのです。
トルネード竜巻の音には
私たちの心の奥の、言葉に出来ない、伝えられない、でも伝えたい気持ちが
ある気がして
そのあまりの鋭さに
そのあまりの的確さに
そのあまりのさりげなさに
私はここまでずっと惹かれて聴きつづけてきたのです。
そしてこれからもそれは変わることはありません。


素晴らしい音を届けてくれたトルネード竜巻に
ありがとう と たくさんの気持ち とを。


read more...
おと comments(2) -
浮上。



土の中の 動物たちや  弱い人たちや

血を流す  工場さえも   深い眠りにつく。


‘夜の海を走って月を見た’  高野寛


natural life comments(0) -
am 4:00
不安でたまらない。
夜、明け方。


不安。

というより。

どうしていいのか。

わからないだけなのだ。



答えを出すことが、怖いだけなんだ。


- comments(3) -
<< 2/12PAGES >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Mobile
qrcode
Sponsored Links